発進!!淀協☆介護ウェーブ☆
淀協、介護ウェーブ実行委員会の取り組みを中心に 日々の活動をお伝えします!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

介護職集会 「地域包括ケアにむけての介護職の役割」学んできました!
6月14日 介護職部会主催の 「都市型 地域包括ケアにむけての介護職の役割」を学んできました。
講師は、東京すこやか福祉会 常務理事の菊池 雅彦氏。
参加者は90名近くおり、会場は いっぱいいっぱいでした。
大都市東京の高齢者は住み続けたくても住めない状況(施設がない)、「空き家」が増加している、介護職の離職率の問題や、メンタルになる職員が増加していること等、衝撃的な現状を知ることができました。
また、地域包括ケアについても、「誰もが安心して最後まで住み続けられる町づくりを」を逆手にとった政策とも話されていました。(結局は、病院から在宅へ・・・施設から在宅へ・・介護・医療に対する公的責任を後退・縮小させるもの)
その人らしくを大切にした「地域包括ケア」のモデルを私たちが活動している地域でつくっていくことが重要と語られていました。そして、最後に
「自立が難しくなった高齢者にとって介護は重要です。しかし、要介護者は介護を受けるために生きているのではありません。生きるために介護を受けているのです」
まさに、その通り!私たちはこの事を忘れずに 日々、介護をしていかなければと、深く実感しました。
                            2014.6.19
スポンサーサイト

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。